ボトックスの副作用

シワ改善効果が高いといった理由で人気のボトックスですが、まれにボトックス副作用をおこすこともあります。
ボトックス注射をする前には必ず事前カウンセリングを受けて、ボトックス副作用の可能性などについてきちんと理解しておく必要があると言えるでしょう

ボトックス副作用には、注射した場所に内出血をおこす可能性や、注射の後に頭痛をおこす可能性、また、目の周辺に注射した場合には、まぶたが垂れ下がってくる可能性などがあります。
ボトックス注射をした人の中には、注射の痛みがとてもひどいと感じる人もいるようです。

「副作用」とは少し違うかもしれませんが、ボトックス治療の効果に持続性がないことを、ボトックス副作用と受け取っている人もいるようです。ボトックスの効果は通常2か月〜半年程度とされており、効果を保つためには、年に2〜6回くらい注射をしなければいけない計算になります。

ボトックス治療を受ける前には、ボトックス副作用としてどのようなことが考えられるのかという点を、きちんと確認しておかなければなりません。
アレルギー体質などの場合は特に、事前カウンセリングの際に、担当ドクターとよく相談しておいたほうが安心でしょう。

posted by ボトックス at 14:22 | ボトックス

ボトックス注射の効果

メスを使った美容整形には抵抗を感じる人も多いようですが、若々しく美しくありたいという願いはほとんどの人に共通するものではないでしょうか。
現在、ボトックス注射やヒアルロン酸注射というような手軽に高い効果を得ることができる治療が人気を集めています。

ボトックス注射とは、重大な食中毒を引き起こす原因菌として知られているボツリヌス菌毒素から抽出した成分を、シワが気になる部分に注射するというシワ治療法です。
ボツリヌス菌毒素には筋肉の動きを抑制する効果があり、この働きを使って表情ジワをできにくくするのです。

ボトックス注射とともに、美容外科クリニックでシワ治療によく用いられているのがヒアルロン酸注射です。
ボトックス注射が表情筋の動きによる表情ジワに効果的なのに対して、ヒアルロン酸注射は、肌のくぼみやへこみ、ちりめんジワなどによく効くとされています。

ボトックス注射については、とても痛いと感じる人や、一般の注射と同じ程度だと感じる人などさまざまな感じ方をされるようですが、特に痛みに弱い人の場合は、希望により全身麻酔をするケースもあります。
その場合には終わってから1時間くらいの休息が必要となります。

posted by ボトックス at 14:20 | ボトックス

多汗症にボトックス

多汗症にボトックス注射による治療が施されるケースがあります。
脇や手のひらといった部分から大量の汗が分泌されるような多汗症の場合、汗を多くかく部位に直接ボトックス注射をすることによって、多汗症の症状が軽減される効果が期待できるとされているのです

人体には、皮脂を分泌する皮脂腺と、汗を分泌するエクリン汗腺、アポクリン汗腺があります。
暑い夏や、運動した時などにかく汗は「エクリン汗」と呼ばれるもので、約99パーセントが水分です。
エクリン腺型の多汗症にボトックスを使った治療法がとられることがあります。

ところで、多汗症にボトックスを使った治療をした場合、その効果はおよそ半年程度持続すると言われています。
実際の制汗効果はもちろんのこと、ほかにも「また汗がひどくなったら注射をすれば良い」という安心感を得られるので、精神性発汗に有効だと考えられています。

エクリン腺型多汗症にボトックスを使った治療法がとられることがありますが、多汗症の汗の匂いがいわゆる「汗くさいにおい」であるのに対し、わきがの汗のにおいは独特のものです。
一般にわきがの治療ボトックスを用いるケースはまずありませんので注意しましょう。

posted by ボトックス at 14:15 | ボトックス

ボトックス注射でエラを解消

一般的に「エラが張っている顔」と言われるのは、エラの部分の筋肉が目立って発達しているような状態のことです。
このような場合には大き、実際の顔のさ以上に顔が横方向に広がって見えてしまうことが多いのですが、ボトックス注射でエラを解消できるケースがあります

食べものを噛む時に働く筋肉のことを「咬筋」といいます。
咬筋がよく発達して大きく厚くなった状態を「咬筋肥大」といい、このような場合、エラの突出が目立ってしまうことになります。
ボトックス注射はこの抗菌に働きかけて、エラが張った顔を改善すると言われています。

シワ治療のためのボトックス注射は、効果を持続させるためには年に数回注射を続ける必要があるとされていますが、エラを解消するための注射は、およそ半年くらい効果があるようです。
引き続き効果を得るためにはやはり、再度ボトックス注射をする必要があります。

エラの部分を目立たなくして小顔になるため」や、「表情筋の動きによる表情ジワを解消するため」、「多汗症を治療をするため」など、ボトックス治療を行う目的は、人によってさまざまです。
今後は、またこれまでとは違ったボトックスの応用方法が登場するかもしれません。

posted by ボトックス at 14:07 | ボトックス

ふくらはぎボトックスは効果が高い脚痩せ方法

ギプスをはめた足がだんだん細くなるように、筋肉は動かさないでいると、萎縮して細くなることになります。
ふくらはぎボトックス」や「エラボトックス」は、ボトックスが持っている筋肉の動きを抑制する効果に注目した、新しいボトックス治療法ということができます。

ふくらはぎの筋肉にボトックスを注入した場合、注射から2週間くらい経過すると、ふくらはぎが細くなってきたことを実感できるようです
ふくらはぎボトックス」は、注射後すぐに歩いて帰ることができるので、気軽に試すことができると言うことができるでしょう。

特に腫れたり痛んだりする心配はないとされている「ふくらはぎボトックス」ですが、気をつけておきたいポイントもあります。
ボトックス注射をしてから数日くらいは、足がもつれたり、歩きにくいと感じたりする人もいるようです。コンディションに注意し、無理はしないようにしましょう。

脚を細くしたいと思っている人は多いものですが、面倒なエクササイズや苦しい思いなどはしたくないと考えている人も、多いはずです。
ふくらはぎボトックス」は、短い時間で簡単に施術を受けることができ、しかも効果が高い脚痩せ方法として高い人気を誇っています

posted by ボトックス at 13:53 | ボトックス

塗るボトックスの評判

表情ジワを改善する効果が高いスキンケアコスメとして、アルジルリン配合化粧品が注目されています。
アルジルリン配合化粧品は、肌に塗るだけでボトックス注射のような効き目を実感できると評判になり、「塗るボトックス」などの別名で呼ばれるようになっています。

塗るボトックス」に配合されている新成分アルジルリンは、筋肉の動きのもとである神経伝達物質の放出を抑制するという、ボトックスととてもよく似た効果を持っています。
アルジルリンを含む化粧品が「塗るボトックス」と呼ばれるのは、こういう理由によるものです。

ところで、「塗るボトックス」の登場は、スペインのお国事情と関わりがあります。
スペインではボトックス注射が禁じられていて、美容業界はボトックスに代わる成分を生み出す必要に迫られていました。
そのような事情で開発されたのがシワ改善成分アルジルリンです。

シワ改善成分アルジルリンの誕生は、世界中の美容業界を驚かせる大ニュースでした。
塗るボトックス」と呼ばれるアルジルリン配合の化粧品にはいろいろな製品があり、人気を呼んでいますが、今後は表情ジワを気にしている人たちの「必須アイテム」となるかもしれません。

posted by ボトックス at 13:46 | ボトックス

ボトックスでフェイスラインをすっきり小顔を実現

脚、お腹、二の腕、顔など「部分痩せ」を望んでいる人はたくさんいますが、ダイエットやエクササイズだけでは思うような成果を得るのは難しいものです。
フェイスラインをすっきりさせる「顔痩せ」も自分ではなかなかできない部分だと言えますが、ボトックスで小顔効果を得ようとするやり方があります。

ボトックスというのは、正確には「A型ボツリヌス菌毒素製剤」といい、シワ治療に使われることが多い製剤です。
ボトックスを注射すると表情筋の動きが抑制されるので、シワ改善効果があるとされているのです。
このボトックスで小顔を手に入れようとする人も増えています。

ではここで、ボトックスで小顔効果が得られる理由を考えてみましょう。
ボトックスは筋肉の動きを抑制する効果を持っています。
顔の「エラ」の部分にボトックスを注射すると、そこの筋肉が麻痺し、萎縮することになり、だんだんと顔の輪郭が細く引き締まってくると考えられています。

ボトックス注射は表情ジワの治療法としてとても有名なものですが、そのほかの美容効果については、あまりよく知らないという人も多いかもしれません。
ボトックスは筋肉の動きを抑える働きをするため、ボトックスで小顔スリムな脚などを目指すことが可能だと考えられています

posted by ボトックス at 13:41 | ボトックス

ボトックス効果

顔のシワやたるみなどを解消・軽減するための方法としては、以前はメスを使った外科的な処置が主流だったものです。
しかし最近では、可能な限り切らずに治すアンチエイジング治療法の人気が高く、注射で表情ジワを改善するボトックス効果などが注目されています。

ボトックス効果は、定期的に注射を続けていれば、長期間維持することが可能です。
1回のボトックス注射によるシワ改善効果は、およそ2〜6か月ぐらいの間持続するものと考えられていますので、効果継続のためには年間2〜6回程度のボトックス注射が必要となることになります。

「熱に弱い」という性質を、ボトックスが持っていることはご存知でしょうか?
一度溶解されたボトックスの有効期限は冷蔵下でも数日、常温ではおよそ1日でボトックス効果が失われると言われています。
このためボトックスの取り扱いは、手早く行わなければなりません。

ボトックス効果でシワが軽減されることは広く知られていますが、どんなシワにも効果的というわけではなく、表情筋が収縮を繰り返すことでできる「表情ジワ」によく効くとされています。
表情ジワ以外のシワを改善するためには、ヒアルロン酸やコラーゲンなど注入し、内側から押し上げる必要があります。

posted by ボトックス at 12:18 | ボトックス

ボトックスとは

ボツリヌストキシン注射は、美容クリニックで行われる代表的なシワ治療法としてよく知られています。
ボツリヌストキシン製剤の注入材料にはいくつかの種類がありますが、日本国内で一番有名なのはボトックスでしょう。
ボトックスとは、Allergan社の製品です。

正確には「A型ボツリヌス菌毒素製剤」といわれるボトックスとは、主にシワ治療に使われる薬です。
ボトックスを注射すると表情筋の動きが抑制されるため、シワ改善に効果的だとされています。
ボトックスの効果が持続するのはおよそ2、3か月から半年程度のようです。

ボトックスとはシワを軽減させる方法として知られているものですが、どんなシワにも効果的というわけではなく、表情筋が繰り返し収縮することによってできる「表情ジワ」によく効くとされています。
それ以外のシワには、ヒアルロン酸注入治療などが効果的と言われています。

このように、ボトックスとは表情筋に働きかける有効なシワ治療法の一つです。
表情ジワは、表情筋が収縮を繰り返すことが原因でできるものですが、ボトックス注射をすることによって表情筋に一過性の麻痺状態を作り出し、シワを作る動きを抑制することになります。

posted by ボトックス at 12:02 | ボトックス

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。